辿り着いた場所は、やはり

ヅカオタからジャニオタへと、華麗なる転身を遂げた(つもり)の私が、辿り着いた場所は、やはり、、、、、この沼だった(笑)

色々とあったので、ひとまず(落ち着くために(怒))、A.B.C-Zの曲について語ってみる

お久しぶりです。長らくご無沙汰しております。

最後のブログ更新後も、ジャニオタとして、主にA.B.C-Zを中心に、順調にオタク活動をして参りました。昨年夏には、A.B.C-Zのライブにも行き、リリホワに溺れましたし、今年の2月末には、ジュニア祭りにも参戦してまいりました。こちらは、元萩谷担として完全に成仏できた気がします。楽しいジャニオタライフを過ごしていました。

また、嬉しいことに、私のオタク人生の原点である、宝塚歌劇を観に行く機会も結構ありまして、、危うく、ヅカオタ熱が物凄い熱さで再燃するところでした……
あと、劇団四季の『キャッツ』を観に行く機会を得ることもできまして、、、凄かった。いつか、『ソング&ダンス』も観に行ってみたいです。

 

その後、新たな界隈にハマりまして、、、、まあ、それについては、後日(いつになるのか!?)お話しすることにしまして。これからも、河合担であることに変わりはありませんので、全力でA.B.C-Zオタ活頑張りますよ!!!!!☆☆☆☆☆

 

 

で、今日、非常にショッキングなことが起こりましたよね、、、、、

 

 

 

 

 

 

我らがA.B.C-Zが、THE MUSIC DAYに出ないんですって!!!!!?????

 

 

 

 

 

 

ふざけんなですね!!!!!!!!!!(意味不明)

 

 

 

 

 

口〇クとか、〇んなに踊らな〇とか、ヤバ〇ス〇ャ〇ダル〇発とか、、そういった方々が出演できるのに、なぜ、A.B.C-Zが出ることができないのか、、、、ありがたいことにその局のドラマに主演させてもらえるのに。出なかったら、番宣にならなくないですか?どっちに最終的な権限があるのか知りませんけど、ちと、酷すぎやしませんかね。このままだと、私は勝手なオタクなので、我らが戸塚さんが出るシーンしかテレビつけません。

確かに、曲は売れてないかもしれないし、諸々あるかもしれないけど、、A.B.C-Zの一番の武器であるパフォーマンスを披露する場が、他のグループに比べて、明らかに少ないし、、こんなの、売れるわけないじゃないか。

 

事務所の皆さん、A.B.C-Zがあなた方との酒席か何かで、めちゃくちゃ無礼な行動してしまいましたかね、、、。お酒に弱いそうなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私以外のえび担の皆さん、本当にすみません(土下座)。

 

 

 

 

このままだと、暴走しまくって、大変なことになってしまうかもしれませんので、ひとまず(落ち着くために(怒))、A.B.C-Zの素晴らしい楽曲たちについて語らせてください(土下座)。

 

 

 

☆ずっとLOVE☆

私がA.B.C-Zの楽曲の中で、一番好きな曲。不動の一位です。初めてライブで聞いたときに、この人たちのことずっと応援していきたいって強く思いました。とにかく、歌詞がイイ!!!!!我らが戸塚祥太先生が書いた歌詞です。ラブソングといえばラブソングだけど、応援ソングでもイケるし、何よりも、A.B.C-Zと私たちファンの永遠のテーマソング、、、、、だと、私は思っています。だって、『同じ景色見てるよ 今までもこれからも(重なり合うeyes)』で、『泥だらけの靴で水たまり飛び込んだ いつかの少女は今の君』なんですよ!!!!!

『下を向いていたら 虹は見えないよ』は私の人生の指針の言葉です。

どの曲も素敵だけど、ライブで聞くこの曲は本当に素晴らしいです。目覚しソングとしても非常におすすめです。

 

☆Naturally☆

この曲も神曲ですね!SLTコンの後、狂ったように聴いていました。Naturally→世界一の流れで聞くと、とてつもない幸福感に包まれます。ここは結婚式場かと、、、、メロディーはいうことなしだし、歌詞も柔らかくて、温かい言葉たちで溢れています。『さりげなくて何気ない仕草が 本当に素敵さ』、、、本当に恋をしないでいられなくなりますね。

 

☆Fly a Flag☆

五関晃一は神

 

 

 

 

 

 

いつの日か更新の次回に続く(Fly a Flagの続きから書きます)。