辿り着いた場所は、やはり

ヅカオタからジャニオタへと、華麗なる転身を遂げた(つもり)の私が、辿り着いた場所は、やはり、、、、、この沼だった(笑)

いつかは必ず



以前にも書いたことがあるが、ブログ主は、今年の初めまでは、宝塚歌劇団のファン、ヅカファンだった。…………いや、待てよ、、、ヅカファンではなく、ヅカオタだ。今、訂正させてもらう。よくよく考えれば、ブログ主は、かなりのヅカオタだった。

今でも、もちろん、宝塚歌劇団のことは大好きであるが、ヅカオタというよりも、ヅカファンであると思う。だが、何年かしたら、また、ヅカオタに復帰する可能性が高いと思われる。


とにかく、今は、かなりのジャニオタである。





去る2015年11月24日(火)、一人のジャニオタとして、非常に残念な報告を受けた。



KAT-TUN 田口淳之介  来年の春でKAT-TUN脱退及びジャニーズ事務所退所】



パソコンでテレビを見ていた私は、声にならない声をあげて、かなりヤバい顔をした。




信じられなかった。どうしてと思った。







宝塚歌劇団には、【卒業=退団】という制度がある。どんなジェンヌさんも、いずれは、卒業=退団という瞬間を迎える(ごく稀にこの瞬間を迎えないジェンヌさんがいるが、極めて稀である。)。『花は散るからこそ美しい。』という世界である。ファンは、いつの日かは必ず、大好きな愛するジェンヌさんにも、【卒業=退団】という瞬間が訪れることを、覚悟して応援する。ついて行く。


私もそうだった。私は、今までに、2人のジェンヌさんに特に嵌り、【卒業=退団】という瞬間を見届けた。



1人目のジェンヌさんは、小学5年生の時だった。ヅカオタになって、初めて経験する特に嵌ったジェンヌさんの【卒業=退団】だったので、彼女が【卒業=退団】すると知った時は、泣き崩れたのを覚えている。

『来年の今頃には、もう宝塚歌劇団に居ないんだ。』とか、『これが最後のスチール写真になるんだな。』とか、とにかく寂しかった。いつかは必ず誰もが迎える瞬間だとわかっていても、寂しくて、大好きなジェンヌさんが宝塚歌劇団から居なくなってしまうことが、辛かった記憶がある。『この人が宝塚歌劇団から居なくなったら、私は、どうすればいいの。』と思ったことも数えきれなきれないくらいあった。2回観に行った退団公演では、号泣した。



2人目は、昨年のことだ。私自身、一度経験しているということもあり、そろそろ【卒業=退団】を迎えるのではないかという予感はしていたが、やはり、実際に発表されると、ショックを受けた。

恐らく、この先何度経験しても、一生慣れることはないだろうと思う。大好きな人が、宝塚歌劇団から居なくなってしまうのだ。もう二度と、そのジェンヌさんの、男役姿、娘役姿を観ることはできない。

1人目の時とは違い、高校生になっていたということもあり、アルバイトをして、そのジェンヌさんに、私のヅカオタ生命の全てを捧げる覚悟で、最後の公演に通った。




大好きな愛する、ずっと応援してきたジェンヌさんが、宝塚歌劇団から【卒業=退団】してしまう。これは、どんなジェンヌさんであっても、いつかは、必ず迎えてしまう瞬間である。中には、将来を期待されているのに、若くしてその瞬間を迎えてしまうジェンヌさんもいる。

宝塚歌劇団のジェンヌさんの【卒業=退団】は、ファンにとっては、非常に寂しく、辛いことだ。だが、そのジェンヌさんを応援すると決めた時から、いつかは訪れる【卒業=退団】という瞬間を、わかっている。覚悟している。私たちは、時間がかかっても、この【卒業=退団】という制度を受け入れ、ある意味で割り切っている。



いつの日かは、タカラジェンヌとしての、スターとしての、終わりの瞬間が、必ず訪れることが、決まっている。