辿り着いた場所は、やはり

ヅカオタからジャニオタへと、華麗なる転身を遂げた(つもり)の私が、辿り着いた場所は、やはり、、、、、この沼だった(笑)

私の家族とジャニーズと、母のジャニーズ関係名言(迷言?)集

今回は、私の家族についての軽い説明と、家族とジャニーズ、そして、母のジャニーズに対する数多くの発言の中から、こちらで公開しても大丈夫なものを紹介させていただきたいと思います。







 ・ブログ主

♀ 10代後半


♂ 40代半ば

○とにかく、変な人。

○私のことを、ゴリラだと思っている。

○10個の発言のうち、9個がうそ。というより、冗談。

○真面目なことをいうと、かなり心配になる。

○馬が大好き。

昔、自分を、木村拓哉だと言っていた。(←全然似てない。ふざけんなよ。)

○とにかく、色々とおかしな人。


♀ 40代半ば

○昔は、とにかく厳しい人という印象だったが、近年、父に似てきて、変な人に。

○数々の名言(迷言)を残す。※のちに詳しく。

○母の私を呼ぶ声が怖すぎる。『ブログ主‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎』という感じ。何も悪いことはしていないのに、何かしたっけと、毎度焦る。

○最近、韓流にハマる。(←により、ブログ主の、【お母さんをジャニオタにしよう大作戦‼︎】失敗に終わる。)

○ジャニーズでは、シブがき隊のもっくんこと、本木雅弘さん、男闘呼組の曲が好きだったらしい。

○Hey!Say!JUMPでは、裕翔くんがかっこいいらしく、知念くんがとにかく可愛いらしく、大ちゃんが息子みたいらしい。

○ブログ主の影響で、ジャニーズ、特にV6とHey!Say!JUMPの曲の、鼻歌率が高い。

○伊野ちゃんの『不思議だぁよね〜』を、真似する。(←もちろん、似ていない。似ていては、色々と困る。伊野ちゃんの方が、無限倍可愛いに決まっている。命知らずめ。)

○『私、できるかも!』などと言い、EXILEダンス、3代目のランニングマン、そして、Hey!Say!JUMPのダンスの真似をするが、真似どころか、形になっていない。(←だが、とにかく面白い。辛い時にみたい。)

母については、書ききれないので、のちに詳しく綴らせていただきます。


♂ 中学生

○とにかく、父と父の母(おばあちゃん)に顔がそっくり。母曰く、「知らない人が見ても、親子だって分かる」レベルである。

○とにかく、口がたつ。父にそっくり。

○身長が急激に伸びている。

○父とおなじく、私をゴリラだと思っている。

○『姉ちゃん、オンチやな〜。

○ジャニーズの中では、NEWSが好きらしく、特にまっすー推し。

○↑から、よく、まっすーのソロパート(特に『チャンカパーナ』)を真似している。

○反抗期とやらで、生意気な弟ではあるが、実は、家族の中で1番、ブログ主のジャニオタトークに付き合ってくれる、できた弟でもある。






ここからは、『母のジャニーズ関係名言(迷言?)集』


☆『やっぱり、キムタクは、かっこいいわ。』/毎年

(1年に一度は、必ず言っている。)

☆『ヒガシが、かっこいいなって思った時期あったもん。』/2014年

(突然こんなことを言いだすから、こっちはびっくりしたもん。)

☆『うん。』/2015年

(ブログ主の「タッキー、ムチャかっこいいよね。」に対して。)

☆『変な生き物がおるで。』/2015年

(ブログ主がJUMPの『キラキラ光れ』の【夕暮れの街角おかえりのハモニー〜】部分の振りを踊っていたところ。)

☆『なにやらこおやら〜もお遅い〜』/2015年

(ブログ主「それって、Hey!Say!JUMPの『ウィークエンダー』だよね、、、?」)

☆『さんじゅうろくさいーーーーー⁉︎』/2014年

(ブログ主「健くんって、来年36歳なんだよ。」に対して。確かに、健くんは、若いけどさ。)



などなど、、、。

まだまだ、たくさんあるのですが、一気に思い出すことはできないので、いずれまた、新しいブログ記事として、書きたいと思います。


ありがとうございました。