辿り着いた場所は、やはり

ヅカオタからジャニオタへと、華麗なる転身を遂げた(つもり)の私が、辿り着いた場所は、やはり、、、、、この沼だった(笑)

やっぱり、心に何か引っかかる話

 

前の記事では、大変失礼しました。

やっぱり、色々と考えたら、あんまりああいうことは言うべきではないかなと思いました。他所は他所だし、うちはうちですね。

『うちのグループが出れないのが物凄くショック。ふざけんな。』で止めて、後の言葉は、飲み込むべきだなと思います。

【他のグループを下げたら、自分の応援しているグループの価値が下がる。】っていうのはやっぱり本当で、私自身も、立場は少し違ってくるけど、実際に、オタク友達に河合くんのことを言われて、その子の担当のことをあまりよく思わなくなったことがあります。

自分がされて嫌なことは、しない方がいいに決まってます。

 

あの記事は、自分への戒めとして、残しておきます(笑)

でも、これからは、思うのは自由だけど、発信するのは違うとわかったので、ああいう記事は、書きません(多分)。楽しいオタ活についての記事をたくさん(←)書いていきたいです。

 

最後に、

A.B.C-Zは最高ですから!!!!!☆☆☆☆☆

 

 

色々とあったので、ひとまず(落ち着くために(怒))、A.B.C-Zの曲について語ってみる

お久しぶりです。長らくご無沙汰しております。

最後のブログ更新後も、ジャニオタとして、主にA.B.C-Zを中心に、順調にオタク活動をして参りました。昨年夏には、A.B.C-Zのライブにも行き、リリホワに溺れましたし、今年の2月末には、ジュニア祭りにも参戦してまいりました。こちらは、元萩谷担として完全に成仏できた気がします。楽しいジャニオタライフを過ごしていました。

また、嬉しいことに、私のオタク人生の原点である、宝塚歌劇を観に行く機会も結構ありまして、、危うく、ヅカオタ熱が物凄い熱さで再燃するところでした……
あと、劇団四季の『キャッツ』を観に行く機会を得ることもできまして、、、凄かった。いつか、『ソング&ダンス』も観に行ってみたいです。

 

その後、新たな界隈にハマりまして、、、、まあ、それについては、後日(いつになるのか!?)お話しすることにしまして。これからも、河合担であることに変わりはありませんので、全力でA.B.C-Zオタ活頑張りますよ!!!!!☆☆☆☆☆

 

 

で、今日、非常にショッキングなことが起こりましたよね、、、、、

 

 

 

 

 

 

我らがA.B.C-Zが、THE MUSIC DAYに出ないんですって!!!!!?????

 

 

 

 

 

 

ふざけんなですね!!!!!!!!!!(意味不明)

 

 

 

 

 

口〇クとか、〇んなに踊らな〇とか、ヤバ〇ス〇ャ〇ダル〇発とか、、そういった方々が出演できるのに、なぜ、A.B.C-Zが出ることができないのか、、、、ありがたいことにその局のドラマに主演させてもらえるのに。出なかったら、番宣にならなくないですか?どっちに最終的な権限があるのか知りませんけど、ちと、酷すぎやしませんかね。このままだと、私は勝手なオタクなので、我らが戸塚さんが出るシーンしかテレビつけません。

確かに、曲は売れてないかもしれないし、諸々あるかもしれないけど、、A.B.C-Zの一番の武器であるパフォーマンスを披露する場が、他のグループに比べて、明らかに少ないし、、こんなの、売れるわけないじゃないか。

 

事務所の皆さん、A.B.C-Zがあなた方との酒席か何かで、めちゃくちゃ無礼な行動してしまいましたかね、、、。お酒に弱いそうなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私以外のえび担の皆さん、本当にすみません(土下座)。

 

 

 

 

このままだと、暴走しまくって、大変なことになってしまうかもしれませんので、ひとまず(落ち着くために(怒))、A.B.C-Zの素晴らしい楽曲たちについて語らせてください(土下座)。

 

 

 

☆ずっとLOVE☆

私がA.B.C-Zの楽曲の中で、一番好きな曲。不動の一位です。初めてライブで聞いたときに、この人たちのことずっと応援していきたいって強く思いました。とにかく、歌詞がイイ!!!!!我らが戸塚祥太先生が書いた歌詞です。ラブソングといえばラブソングだけど、応援ソングでもイケるし、何よりも、A.B.C-Zと私たちファンの永遠のテーマソング、、、、、だと、私は思っています。だって、『同じ景色見てるよ 今までもこれからも(重なり合うeyes)』で、『泥だらけの靴で水たまり飛び込んだ いつかの少女は今の君』なんですよ!!!!!

『下を向いていたら 虹は見えないよ』は私の人生の指針の言葉です。

どの曲も素敵だけど、ライブで聞くこの曲は本当に素晴らしいです。目覚しソングとしても非常におすすめです。

 

☆Naturally☆

この曲も神曲ですね!SLTコンの後、狂ったように聴いていました。Naturally→世界一の流れで聞くと、とてつもない幸福感に包まれます。ここは結婚式場かと、、、、メロディーはいうことなしだし、歌詞も柔らかくて、温かい言葉たちで溢れています。『さりげなくて何気ない仕草が 本当に素敵さ』、、、本当に恋をしないでいられなくなりますね。

 

☆Fly a Flag☆

五関晃一は神

 

 

 

 

 

 

いつの日か更新の次回に続く(Fly a Flagの続きから書きます)。

 

 

 

 

 

 

A.B.C-Z

 

A.B.C-Zの5人に対しての今の印象は、『とにかくおかしな(楽しい)人たち』です。

写真集イベントがありましたね。そのレポを読ませていただきました。

何度お腹が捩れたことか。 なんなんでしょう、、、なんか、普通に変なことしますよね。彼らって。(※これは、あくまでも、当ブログ主の一個人による、超個人的な意見です。)

それがいいんですよ!!!!!☆☆☆☆☆めちゃくちゃnaturalで素敵じゃないですか!!(マネキンとの絡みのからの『Naturally』のくだりは、死ぬほど笑いました。今度から、いろんな意味で、まともにこの曲が聴けるのだろうか、、、、。※聴けます。なんならさっき聴きました。)

えび担さんたちも、本当に楽しい方が多いです。

 

たくさん書きたいことはあるんですが、自分の中で、特に優先順位の高いものから書いていくことにします←

 

 

 

A.B.C-Z、「THE MUSIC DAY」出演決定おめでとうございます!!!!!★★★★★

 

 

 

 

(遅い)ご報告

 

お久しぶりです。

なかなかブログ更新できていませんね。我ながら、どうしたもんだという感じです←

 

オタク活動の方は、充実しています。しかし、まあ、大きく変わったことがありまして、、、、実は、私、

 

河合担になりました。

 

これは、担降りというやつだと思います。

萩谷くんから、河合くんに降りたんです。

まあ、きっかけは、色々あります。萩ちゃんのことは今も大好きですし、推しであることにはかわりないです。これからもずっと、応援しています。

でも、担当ではなくなりました。

 

今後は、河合担としてオタク活動に励んで参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

(2016年10月1日 大阪城ホール 

タオルを頭に巻いた河合くんに堕ちたのがすべての始まりでした、、、、、。)

 

 

 

季節はめぐりめぐって 君とまた出逢うでしょう

 

私は、『PLAYZONE』が大好きです。残念ながら、生で観たことがあるわけではないのですが、宝塚歌劇が大好きで、舞台が大好きな私には、本当に愛すべき舞台作品です。

 

そんなプレゾンで、仲田拡輝くんに出会いました。

ネットを見ていると、【仲田くんはダンスが上手い】といったレポによく出会っていたので、何度も何度も、繰り返しプレゾンを観るなかで、仲田くんのダンスに注目するようになりました。本当に上手でした。なによりも私が凄いなと思ったのは、目の使い方です。色気があるんですよね。カッコよかったです。

そして、太陽みたいな明るい笑顔、楽しいキャラクター。安心感がありました。

 

いつまでもみることができると思っていたけど、そんなことなくて、、、、担当とか、そういったものではないんですけど、大好きな、応援したい人でした。

 

これからの彼の人生も応援しています!

本当に、ありがとう!!

 

 

私は、プレゾンで歌われていた少年隊の曲『We'll Be Together』が大好きです。少し切なくて、さみしくて、でも、とってもキラキラとした綺麗な曲です。前向きな曲だと思います。

 

【いくつかの場面が

ありました

また君に逢うための

サヨナラをします

別れたまま

風のたよりのまま

遠く離れて時を

過ごしてゆきます

 

季節はめぐりめぐって

君とまた出逢うでしょう

別れたその時より

素晴らしい場面

僕の目の前に

やって来ます

いつかきっと】(一部抜粋)

 

出逢えてよかった!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

A.B.C-Zについて

 

 

突然ですが、A.B.C-Zって、凄すぎませんか!?!?!?!?!?ホントに、色々と、凄すぎませんか!?!?!?!?!?

 

昨年のコンサート『Star Line Travel Concert』(大阪城ホール)を観に行きました。

本当に、楽しかったんですよ!!!!!もちろん、少クラとかで何度も繰り返し観ていましたし、いい曲もたくさんあるし、パフォーマンス力は、それはもう凄い次元にあるし、何より、メンバー1人ひとりのことが好きでした。

でも、実際に生で、コンサートという空間で、同じ時間を共有できて、凄い次元にある凄いパフォーマンスを観ることができて、実在する麗しい姿を目にすることができて、、、、、私、この人たちのこと、もっと応援したい!!!!!と、強く感じました。私、本当に、魅せられたなと。

 

 

本当に、気の多いオタクです。

 

 

今では、通学・帰宅時には、いつも彼らの曲を聴いています。今度の新曲も、すっっっっっごく楽しみです!

 

ジャニーズのタレントの方々には、いつもたくさん元気を貰っていますし、生きていてよかったって、何百回も思っています。

でも、なんだか、A.B.C-Zからは、やたらと、色々な生きる活力を貰っているような気がするのです。

 

もともと、興味を持って好きになったものには、とことん追求していくし、ハマっていくタイプの私。小学4年生の時に、ヅカオタになった当時から、このオタク生活スタイルは変わってないです。確かに、年齢が進むにつれて、明らかにかけるお金の金額は上がってきましたが、、、熱量は、昔から変わらないと思います。それが、宝塚歌劇であっても、ジャニーズ事務所であっても。

あと、非常にマニアックなオタク気質なんですよ。宝塚に対しても、小さい頃は、カッコいいな~とか、この演目好きだな~という感じの感情が主だったんですが、年齢が進んでいくに連れて、男役の方の燕尾のさばき方だったり、目線とか手の使い方だったり、娘役の方のドレス裁きだったり、ダンスの群舞の形態だったりにほとんどの神経を傾けて観るようになっていったんです。もちろん、作品を一生懸命観た上でのことなんですが、そういった細かいところを観すぎて、遠目で観ていても、誰かわかるようになりました。ほんと、マニアアックな所が、大好きなんですよ!!!!!様式美といいますか。なので、ジャニーズJr.にハマったり、ジャニーズの舞台にハマったり、A.B.C-Zにハマったりすることは、必然だったんだと思います。

 

メチャクチャ楽しいんですよ!!!!!A.B.C-Z☆☆☆☆☆!!!!!

 

いや、もちろん、マニアックなところばかりが好きなんじゃないですよ。でも、ジャニーズマニアックは、私を惹きつけるには、もってこいの要素だったのです。

 

 

ここまで書いてきて、題名から何となく、ズレてきていると感じますが、とにかく、私は、A.B.C-Zにハマりました。やられました。

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辿り着いた場所は、やはり

2014年にV6にハマり、2015年には、ヅカオタから完全なるジャニオタに転身したブログ主。V6とHey !Say ! JUMPを中心にジャニーズ全般が大好きでしたが、、、、、

 

2015年9月下旬以前 ドル誌を愛読していて、【萩谷慧悟】という名前が非常に印象に残る。

 

2015年9月下旬 「少年倶楽部」で【Snow Man】の『ZIG ZAG LOVE』を観てジャニーズJr.ヤバいと感じる。少クラ、凄く楽しくて面白い。この放送回をエンドレスリピート。初めて動いている萩谷慧悟くんを観る。この回から少クラ毎週録画をスタートする。

滝Channel」に登録し、お腹がよじれる。

10月初旬 Snow  Man観たさに、タッキー2012年ソロコンDVDを購入する。

10月初旬~中旬 少クラ『枯れ葉の影』がヤバい。ジュニアが歌う『Can do! Can go!』を観れたことに非常に感動する。なぜか萩谷くんを探してしまう自分に気づく。萩谷くんを中心にジャニーズJr.を調べ始める。

急いで「ガムシャラ!」の毎週録画を開始する。またお腹がよじれる。

10月下旬 Hey !Say ! JUMP『キミアトラクション』に悶絶。ピースフル。

11月初旬~中旬 少クラ【Travis Japan】弟組『NEVER AGAIN/Shelter』ヤバい。『青の時代』みんな歌がうまい。この放送回も、9月ほどではなくてもエンドレスリピート。自分が、萩谷くんのことを好きなことに気づく。突如、萩ちゃんと呼び始める。

12月初旬 安井くん、さなぴー、みゅうとくん、萩ちゃんに完全にハマる。というよりかは、この4人を中心にジャニーズJr.にハマったことを、確信する。

12月中旬 「FNS歌謡祭」に感動する。ジャニーズJr.を凝視している自分に気づく。

12月下旬 少クラクリスマスSPを観て大騒ぎする。

ジャニーズカウントダウンコンサートを初めて観る。凄い。とにかく凄い。なぜかのけぞる。

 

2016年1月初旬 飽きもせず、少クラ・ジャニーズカウントダウンコンサート・年末歌番組を観る。さらに、過去に録っていた歌番組や、これまでに購入したDVDを観まくり、Jr.たちを探す。そして、Jr.たちを見つけるたびに感動する。好きになる。

ジャニーズカウントダウンコンサートを観ていて、【辰巳雄大】くんに堕ちる。そして、まもなく【ふぉ~ゆ~】に堕ちる。

少クラ風磨くんソロ『FAKE』が凄い。

2月初旬 2015年『滝沢歌舞伎』のDVDが届く。なんか凄すぎて、言葉にできない。腹筋太鼓、、、、、(照)

なんの迷いもなく、2013年『PLAYZONE』DVDを買う。何かの扉が開く音がする。

プレゾンにハマる。【屋良朝幸】くんにやられる。プレゾンカンパニーと出会う。ハマる。作品にハマる。とにかくプレゾンがヤバい。毎日観て、観ない日があると、プレゾン欠乏症を発症する状態に。舞台が好きなことを再確認する。この時、翼くんが座長を務めるプレゾンを必ず揃えると、心に決める。プレゾン担になる。

3月初旬 萩ちゃん、安井くん、さなぴー、みゅうとくんの4人に名前ができる。【Love-tune】。歓喜する。

3月初旬~中旬 相変わらず、少クラが楽しい。らぶとぅんの『Heavenly Psycho』に泣く。

3月下旬~4月初旬 少クラ春休みSPが面白すぎる。昔の映像、大好物。『粉もん』すき。お好み焼き食べたい と強く思う。

 

 ここで、【2015年9月下旬から2016年4月初旬の約半年間の間に、ブログ主に起こったジャニオタてき変化まとめ】

  1. 少クラを観るようになる。
  2. 萩谷担になる。
  3. ジャニーズJr.にハマる。
  4. 辰巳さんにハマる。
  5. ふぉ~ゆ~にハマる。
  6. 屋良くんにハマる。
  7. プレゾン担になる。

 

次回に続きます。